土木施工管理 中篠迫さんの働き方

  • #土木施工管理
  • #自然災害復旧工事
  • #仕事紹介

2004年入社

大津建設株式会社

Q&A

記憶に残る仕事を教えてください。

平成26年8月、広島市は豪雨によって大規模な土砂災害に見舞われ、三次地区も平成30年7月の豪雨で大きな被害を受けました。この現場も豪雨の影響で土砂崩れになった道路の復旧工事で、最後の舗装段階です。ここ数年、こうした災害復旧や対策工事に数多く携わり、当たり前の暮らしを支える「道」が、災害時は命の「道」となることを再認識し、土木の仕事の重要性を痛感しました。

大津建設での仕事の様子を教えてください。

大津建設に入って15年以上になり、今では「ここは自分が造ったんだ」と言えるようになりましたが、最初はくらいつくだけで精一杯、造ったなんて言えたもんじゃない。ですが、大津建設は若手でも責任ある仕事をガツンと任せるのが特徴で、私も入社後数年で国道54号線の大規模工事の現場管理人を任されました。様々な工法による工事の全体像を理解し、ベテラン職人を束ねるリーダーシップ、様々なトラブルや課題を決断する思考力が求められました。これが一番しんどくもあり、一番成長できた仕事、責任ある仕事を任されて初めて「自分の造った道だ」と自信が持てるようになったのです。