ホーコス株式会社

幅広く事業を展開

当社は、工作機械・環境改善機器・建築設備機器の3部門を持ち、歴史は半世紀以上にわたります。3部門の内、工作機械部門は、主として自動車のエンジンやトランスミッションを加工する高精度で高能率な数値制御工作機械を製造しています。日本の全自動車メーカーをはじめ、米国・欧州・韓国の自動車メーカーや部品メーカーに納入しています。従来、高能率金属加工には切削液という有害な物質を使用していましたが、当社は、iMQLシステムという、環境に無害で、しかも高精度・高能率加工を実現する技術を開発しました。
環境改善機器部門は、産業活動で発生する公害の内、粉塵類を除去する集塵装置を中心に製作しています。建築設備機器部門では、業務用厨房の給水排水・給気排気設備を作っています。特に、排水中に含まれる油脂分を取り除くグリーストラップが主力製品となっています。当社は、地球益を考えた製品を次々と世の中に送り出しています。

企業情報

法人名
ホーコス株式会社
法人名ふりがな
ほーこすかぶしきがいしゃ
所在地
〒720-8650 広島県福山市草戸町2-24-20
支店等
福山北事業所
広島県福山市駅家町大字法成寺1613-50
資本金
85,000,000円
従業員数
770名
設立年月日
1945年1月8日
業種
生産用機械器具製造業 › 管理,補助的経済活動を行う事業所(26生産用機械器具製造業)
平均年齢
40.9 歳
平均勤続年数
16.3 年
Webサイト
https://www.horkos.co.jp

海外からも評価されている高い技術力

工作機械・環境改善機器・建築設備機器の機械メーカーとして、時代のニーズに応えながら蓄積された技術力で開発・製造を行い、国内外へ販売をしています。工作機械のドライ加工におけるパイオニア企業であり、環境問題にも積極的に取り組み、iMQL装置をはじめとする独自の技術が海外からも高い評価を受けている企業です。

会社沿革

昭和15年 当社の前身である報國造機を創立
昭和20年 法人組織の改組、商号を報國農機株式会社に変更
     農機具(縄なえ機・噴霧器など)の生産を開始
昭和36年 商号を報國機械株式会社と名称変更
昭和45年 公害防止装置の製造販売を開始
     米国フルダイザー社と集塵装置の技術提携
     集塵機工場建設
昭和54年 建築設備機器(グリーストラップ・空調タンク等)の製造販売を開始
平成2年  創業50周年記念を機にCIを導入
     商号もホーコス株式会社と名称変更
平成13年 デトロイト事務所開設
平成14年 ホーコス・タイランド株式会社設立
平成15年 デトロイト事務所を現地法人化
     ホーコス・テクニカルセンター・オブ・アメリカ株式会社設立
平成18年 福島県郡山市に郡山事業所開設
平成22年 韓国ホーコス株式会社設立
平成23年 ホーコス・マニュファクチャリング・タイランド設立
平成26年 タイ新工場竣工
平成30年 ホーコス・アスリード株式会社を新築移転

PR動画